闘犬と闘犬禁止

土佐闘犬などの闘犬競技はご存知でしょうか?「犬の喧嘩」ともいわれる闘う犬の競技です。

一方で闘犬を禁止する自治体もあります。東京都など幾つかの自治体で条例により闘犬を禁止しています。闘犬ファンにはつらい条例ですね。

悪い事をやめたときも褒める
何か問題になるような行為をしていて、止めた時に、愛犬がやめたタイミングで軽く褒めるということも大事なんだとか。感情のまま怒ってしまっていたら、このタイミングで褒めるのは難しいかもしれませんね。叱るときにも冷静さが大事です。ただ、褒めすぎると、叱られた事を忘れると困るので、あくまでも軽くです。

犬にチョコレートはダメ
人間にとっては美味しいチョコレートですが、犬にはよくありません。中毒をおこしてしまいます。犬にチョコレートは上げないように注意しましょう。犬によっては喜んで食べてしまう犬もいますので要注意です。犬は身近な動物だけに、つい忘れて勘違いしやすいですが、人とは違う生.....

犬は安産の象徴
犬は安産の象徴的存在です。安産の代名詞といっても過言ではないでしょう。例えば、安産祈願や腹帯を「戌の日」にするなどの習慣もあります。犬は一度にたくさんの子犬を産みますしね。あやかりたい気持ちにもなります。.....

どこでもフリーパスの犬?
身体障害者補助犬法の施行により、基本的に補助犬(盲導犬、聴導犬、介助犬)の同伴を拒む事ができなくなりました。当たり前のことかもしれませんが、でもこの法律、罰則がないため以前として、ホテルやレストランなどでは拒否される場合もあるようです。.....

しつけを始める時期
しつけを始める時期に遅すぎるというのはないです。成犬になってもしつけは十分身につける事ができます。でも早すぎるというのはありそうです。犬が社会への適応性を見出す社会化期は、生後3週から16週ころといわれてます。本来は子の時期は、親や兄弟犬と一緒に生活する中で犬社会での社会性を身につけていきます。なので、子の時期はしつけは早すぎるでしょう。

Copyright © 2007 ~ 犬の意外な話~なはしのネタにどうぞ~. All rights reserved