犬食文化

犬を食べる習慣があるところもあります。例えば、中国や朝鮮半島などには犬食文化があります。

例えばチャウチャウが食用犬だったことは、意外に有名ですね。

でも犬を食べることに慣れていない人からすると、ぎょっとするはなしですね。 例えば、豚の丸焼きは食欲が沸く人が多いと思いますが、犬の丸焼きは逆に食欲がなえるという人は多いでしょう。

一貫した態度
愛犬のしつけで見落としがちだけど大事なポイントの一つに、「一貫した態度」と言うのがあります。その都度反応が違ってしまうと、犬が基準を見失い混乱してしまいます。何かの号令についても統一したほうが犬には分かりやすいです。家族で話し合って協同して行う事が大事です。

悪い事をやめたときも褒める
何か問題になるような行為をしていて、止めた時に、愛犬がやめたタイミングで軽く褒めるということも大事なんだとか。感情のまま怒ってしまっていたら、このタイミングで褒めるのは難しいかもしれませんね。叱るときにも冷静さが大事です。ただ、褒めすぎると、叱られた事を忘れると困るので、あくまでも軽くです。

犬にチョコレートはダメ
人間にとっては美味しいチョコレートですが、犬にはよくありません。中毒をおこしてしまいます。犬にチョコレートは上げないように注意しましょう。犬によっては喜んで食べてしまう犬もいますので要注意です。犬は身近な動物だけに、つい忘れて勘違いしやすいですが、人とは違う生.....

しつけを始める時期
しつけを始める時期に遅すぎるというのはないです。成犬になってもしつけは十分身につける事ができます。でも早すぎるというのはありそうです。犬が社会への適応性を見出す社会化期は、生後3週から16週ころといわれてます。本来は子の時期は、親や兄弟犬と一緒に生活する中で犬社会での社会性を身につけていきます。なので、子の時期はしつけは早すぎるでしょう。

叱り方が中途半端
叱り方が中途半端なのも、しつけで失敗する原因になることも。つまり、だだをこねれば通るということを犬が理解してしまうからです。ダメなことはダメとしっかりと教えないといけません。とはいえ、体罰までするのはどうかと思いますので、毅然とした態度でしっかり示すことが大事ですね。

Copyright © 2007 ~ 犬の意外な話~なはしのネタにどうぞ~. All rights reserved