犬は三日の恩を三年忘れず

「犬は三日の恩を三年忘れず」とは、犬の忠犬ぶりをあらわしたことわざですね。

実際にはそんなこともない犬もかなり多いですね。 犬が忠犬たるには飼い主さんとの主従関係の状態も関係してきます。 そのためには正しいしつけと、間違った飼い方を改める必要がありそうです。

犬にチョコレートはダメ
人間にとっては美味しいチョコレートですが、犬にはよくありません。中毒をおこしてしまいます。犬にチョコレートは上げないように注意しましょう。犬によっては喜んで食べてしまう犬もいますので要注意です。犬は身近な動物だけに、つい忘れて勘違いしやすいですが、人とは違う生.....

犬の寿命
犬の寿命は人間に比べるとかなり短いです。早熟で老いも早いです。生後1年程度で子犬から成犬となります。人間と比べるとかなり早いですよね。犬の寿命はペットの犬で一般的に10年~15年程度です。ギネスブックに掲載されるような長寿犬でも20年を超える程度です。.....

すぐ褒める
いいことをしたときはすかさず褒める事がしつけでは重要です。そうしないと、何で褒められたのかをしっかり理解できない場合があるからです。何かを指示して、その通り実行できたときとかは、すぐ褒めましょう。言葉掛けもハイテンション・ハイトーンのほうが効果的です。

信頼関係
しつけの成否は信頼関係の構築にかかっています。ひとつひとつの行動を教える前に、まずは愛犬との信頼関係を作り上げる事が大事です。いわゆる主従関係と言われる関係を犬にも納得させるようにしないといけません。犬が分かるような導きが必要と言うことですね。

犬は安産の象徴
犬は安産の象徴的存在です。安産の代名詞といっても過言ではないでしょう。例えば、安産祈願や腹帯を「戌の日」にするなどの習慣もあります。犬は一度にたくさんの子犬を産みますしね。あやかりたい気持ちにもなります。.....

Copyright © 2007 ~ 犬の意外な話~なはしのネタにどうぞ~. All rights reserved