愛犬の咬みつき・噛み癖・甘噛み

もしあなたの愛犬が、まだ子犬で甘噛みを始めたのなら、「噛んではいけないもの(スリッパ、ぬいぐるみなど)や、人を噛んだらいけない」ということを、しっかり教えてあげる必要があります。

早い段階であれば、怖い思いをしないで教えてあげることもできますね。

とはいえ、噛むこと自体は禁止できませんから、噛んでいいもの(おもちゃ、ガムなど)も与えましょう。

もしあなたの愛犬が、あなたや家族、噛んではいけないものを、噛むことがあるのでしたら、・・・これは直すべき問題行動です。

とはいえ、噛みつく犬のしつけ、どうしていいか分からないというのが本音かも知れませんね。

なぜ愛犬があなたや家族に噛みつくのか? 噛んではいけないものに噛みついてしまうのでしょうか?

もしかしたら、愛犬とあなたとの「主従関係(信頼関係)」に問題があるのかもしれません。

実は意外に多くの飼い主さんが、気がつかないまま、「主従関係(信頼関係)」を混乱させる間違った行動をしてしまってるようです。 あなたも、もしかしたら・・・

プロが教える しつけに学ぶ

愛犬の問題行動に真剣に悩んでいた飼い主さんたちに喜ばれてる「犬のしつけ法」があります。

訓練頭数2000頭以上のプロのドッグトレーナーが、一般の飼い主さんにもできるように解説した「犬のしつけ法」です。

この「犬のしつけ法」はDVDです。 動画ですし分かりやすいのが特徴です。 もし本だとしたら、同じ内容でも眠くなってしまうほど長い文章だったり、逆に言葉が足りずに分かりにくいということもありえます。 またDVDだから、何度でも確認できて、忘れた事は何度でも復習できます。

この「犬のしつけ法」のすごいところは、様々な悩みを抱えていた多くの飼い主さんにすごく喜ばれているところ。 犬を初めて飼った人にもすごく喜ばれてます。

もちろん、しつけは子犬だけではなく、成犬にも使えます。 その手応えから愛犬のしつけや訓練が楽しくなるという声も。

公式サイトに20代~50代の飼い主さんの悩みと喜びの声を見ることができます。 暴れ犬のしつけについての喜びの声も見る事ができるでしょう。 真剣に悩んでいた方々の体験談は、見るだけでも元気がもらえます。



↑ クリック ↑
愛犬の問題行動に真剣に悩んでいた 多くの飼い主さんに喜ばれてます


***** ***** *****

狂犬病
狂犬病という病気があります。すごく怖い病気です。文字通り、この病気にかかった犬は危険です。野良犬が減ったことで、このような状態の犬に出くわすことはなくなりましたが、注意が必要な病気の一つではあります。犬の病気のなかでも特に有名な病気の一つですね。

噛むおもちゃの選び方
愛犬が噛んで遊べるおもちゃの選び方として重要なことは、安全であることはもちろんですが、日用品と類似していないことも大切です。きちんと区別できるものじゃないと、噛んではいけないものまで噛んでしまう原因になりかねません。しっかりポイントはおさえましょう。

噛まれても引かないほうがいい?
噛まれた時に外そうと無理に引っ張ると、歯の構造上逆に食い込みやすくなるそうです。食い込むと、ますます外れにくくなります。噛まれると痛さから冷静でいるのは難しいですが、無理に引っ張らないことが大事です。鼻を塞いだり、逆に押し込んだほうが、息ができない苦しさなどから案外素直に離してくれるかも。

プロの訓練士に頼んだけど・・・
愛犬の噛み癖などを直すために、プロの訓練士に頼んで噛み癖が直ったかに思えたのに、家に帰ってくるとまた噛み癖が出てきた。という話を耳にします。直せる事が分かったのは一つ収穫ですが、それを家でも維持するためにどうするかが大事ですね。飼い主さん自らのしつけって大事ですね。

生理的な噛み癖
たとえば子犬の場合、歯が乳歯から永久歯に生え変わるころですと、生理的に噛み癖がおこるといわれています。噛んでもいいおもちゃを与えてあげるのがいいでしょう。ただし、気をつけたいのは、噛んではいけないものと混同するような、使い古しのタオルやヌイグルミなどは避けましょう。専用のおもちゃなどが無難ですね。


|小型犬|

|中型犬|

|大型犬|

|その他|

*子供といい相性

| 犬の意外な話愛犬の咬みつき・噛み癖・甘噛み

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2007 ~ 愛犬の咬みつき・噛む癖・甘噛みをストップ!こんな失敗・事故防止のために. All rights reserved