犬服が当たり前

昭和の時代なら犬に服を着せることに反対を唱える人が多かったのですが、時代とともに犬服が世の中に受け入れられてきました。

小型犬を中心に犬服はもはや当たり前のもの。犬を散歩に連れてる人をみると、小型犬なら犬服を着てないほうが少数派かもしれません。

獣医さんなどの犬服を肯定するお話もよく耳にしますし、おしゃれ意外にもメリットがあるようです。

叱る時に名前を呼ばない
叱る前に名前を呼ばないというのはキホンです。しらないとついやってしまいそうですが、名前を呼ばれると叱られるという間違った学習の原因になり、名前に反応しなくなることもあるようです。叱るときは、名前を呼ばないので、自分から近づくしかないでしょうね。

アイ・コンタクトのしつけ
愛犬にちかづいてしつけします。そして名前を呼びます。そのとき視線を合わせないからと言って叱ってはダメです。名前を呼ばれると叱られると誤解される可能性が高いからです。名前を呼んでひたすら待ち、目を合わせたら褒めるという事を繰り返すことでアイコンタクトを身につけさせていくのでした。

犬の言葉が分かる?バウリンガル
2002年9月に発売された犬とのコミュニケーションツール「バウリンガル」。発売当初はすごい話題でした。犬の考えている事が分かるというのはドラえもんクラスの面白ツールですよね。もちろんマンガのように会話できるほどきめ細かいものではないですが、.....

ねぎ類は犬にとっては毒!?
犬にねぎ類は禁物です。猫もそうですが、中毒を起こしてしまいます。昔は飼い犬に人間の食事の残飯をあげる家庭が多かったと思います。現在も犬の食事に残飯を利用している家庭もあるかと思います。そんなとき注意したいのが玉ねぎやネギなどのネギ類です。とはいえ、近.....

すぐ褒める
いいことをしたときはすかさず褒める事がしつけでは重要です。そうしないと、何で褒められたのかをしっかり理解できない場合があるからです。何かを指示して、その通り実行できたときとかは、すぐ褒めましょう。言葉掛けもハイテンション・ハイトーンのほうが効果的です。

Copyright © 2007 ~ 犬の意外な話~なはしのネタにどうぞ~. All rights reserved