「フランダースの犬」は地元では無名

「フランダースの犬」といえば日本ではものすごい人気で、知らない人がいないほど有名なアニメです。 特にラストシーンはテレビで何度も放送され印象的です。

ところが、この人気ぶりは日本だけのようです。 「フランダースの犬」の物語の舞台であるベルギーではあまり知られていないそうです。

物語の結末が悲しすぎるためのようですが、「フランダースの犬」への温度差に国民性の違いが表れているようです。

闘犬と闘犬禁止
土佐闘犬などの闘犬競技はご存知でしょうか?「犬の喧嘩」ともいわれる闘う犬の競技です。一方で闘犬を禁止する自治体もあります。東京都など幾つかの自治体で条例により闘犬を禁止しています。闘犬ファンにはつらい条例ですね。.....

犬は三日の恩を三年忘れず
「犬は三日の恩を三年忘れず」とは、犬の忠犬ぶりをあらわしたことわざですね。実際にはそんなこともない犬もかなり多いですね。 犬が忠犬たるには飼い主さんとの主従関係の状態も関係してきます。 そのためには正しいしつけと、間違った飼い方を改める必要.....

犬服が当たり前
昭和の時代なら犬に服を着せることに反対を唱える人が多かったのですが、時代とともに犬服が世の中に受け入れられてきました。小型犬を中心に犬服はもはや当たり前のもの。犬を散歩に連れてる人をみると、小型犬なら犬服を着てないほうが少数派かもしれません。獣医さんなどの犬服を肯定する.....

犬のキャラクター
犬にちなんだキャラクターはかなり多いです。たとえば、「じゃがいぬくん」、「しばわんこ」、「お茶犬」、「アフロ犬」、「豆しば」、・・・。古いものも加えると果てしなくありますね。それだけ犬が身近な存在で、多くの人に親しまれてる存在ということでしょう。.....

犬も歩けば棒に当たる
「犬も歩けば棒に当たる」ということわざがあります。このことわざ、近頃はあまり使われなくなったと思いませんか?使う状況がなくなったのか、代わりのことばが使われているのか、・・・。時代が変われば、使われる言葉も変わりますね。.....

Copyright © 2007 ~ 犬の意外な話~なはしのネタにどうぞ~. All rights reserved