犬の意外な話で盛り上がろう

「えっ!そうなの?」「これは、驚いた!」身近な犬だけに、意外な話には魅力があります。

犬好きも、犬嫌いも、意外に盛り上がる犬の話はあるものです。

犬についての意外な話題を集めました。話ネタに用意しておくといいですよ。

あなたの気まずい時間を救う、ちょっとビックリの意外な話をお好みでどうぞ。

意外な犬の話が あなたを救う

犬の意外な話は、使い方しだいできっとあなたの強い味方になってくれます。

害がなくて、万人共通の興味のある話ってそうはありません。いくつか覚えておくと何かと使えると思いますよ。

* * * * * * * * * * * * * * *

ねぎ類は犬にとっては毒!?
犬にねぎ類は禁物です。猫もそうですが、中毒を起こしてしまいます。昔は飼い犬に人間の食事の残飯をあげる家庭が多かったと思います。現在も犬の食事に残飯を利用している家庭もあるかと思います。そんなとき注意したいのが玉ねぎやネギなどのネギ類です。とはいえ、近.....

南極越冬隊のタロとジロ
南極越冬隊の犬ぞり用に南極に連れて行かれたタロとジロの話はあまりにも有名です。「南極物語」として映画化もされました。でも、このタロとジロが東京タワーで銅像になっていることはあまり知られていないのではないでしょうか。.....

忘れやすい褒めるタイミング
褒めるということは犬のしつけで欠かせない行為のひとつですが、忘れがちな褒めるタイミングがあります。それは正しい状態を維持しているときです。問題を起こしてないので、気にしないままという人も多いですが、正しい状態である事を褒める事が、問題行動を予防する最大の方法なのかもしれません。

リーダーになる
群れで暮らす犬の習性を、愛犬のしつけに利用することも大事です。その場合、やはり飼い主さんや世帯主さんがリーダーとなることです。そして愛犬にリーダーと認めさせる事が、しつけを成功させ、あるいは問題行動を止めるのに、もっとも重要なポイントになります。

犬のノーリードは犯罪?
ワンちゃんのお利口さんを示すために、ノーリードで歩く行為。 でも実は条例で、ノーリードが禁止されている行為になっているかもしれません。 場合によっては罰金をとられるかもしれません。囲われた所有地以外でのノーリードには注意が必要ですね。たとえノーリードでも大丈夫なワンコだとしても、.....

犬にチョコレートはダメ
人間にとっては美味しいチョコレートですが、犬にはよくありません。中毒をおこしてしまいます。犬にチョコレートは上げないように注意しましょう。犬によっては喜んで食べてしまう犬もいますので要注意です。犬は身近な動物だけに、つい忘れて勘違いしやすいですが、人とは違う生.....

犬は安産の象徴
犬は安産の象徴的存在です。安産の代名詞といっても過言ではないでしょう。例えば、安産祈願や腹帯を「戌の日」にするなどの習慣もあります。犬は一度にたくさんの子犬を産みますしね。あやかりたい気持ちにもなります。.....

犬の寿命
犬の寿命は人間に比べるとかなり短いです。早熟で老いも早いです。生後1年程度で子犬から成犬となります。人間と比べるとかなり早いですよね。犬の寿命はペットの犬で一般的に10年~15年程度です。ギネスブックに掲載されるような長寿犬でも20年を超える程度です。.....

犬が西向きゃ尾は東
「犬が西向きゃ尾は東」は、ことばのそのとおり、あたりまえのことを意味します。 馴染みのあるフレーズだけに、ときにテレビやドラマなどで合言葉として登場することもあります。そういえば昔、だじゃれた小話の「面白い話し」ということで、「真っ白な犬がいました。面白い(尾も白い)」というのが.....

どこでもフリーパスの犬?
身体障害者補助犬法の施行により、基本的に補助犬(盲導犬、聴導犬、介助犬)の同伴を拒む事ができなくなりました。当たり前のことかもしれませんが、でもこの法律、罰則がないため以前として、ホテルやレストランなどでは拒否される場合もあるようです。.....

Copyright © 2007 ~ 犬の意外な話~なはしのネタにどうぞ~. All rights reserved